sponsor link
注目!
sponnsor link

どうも。

へっぽこライターでラーメン大好きブロガーの中村イオラ(@504_479)です。

 

やはりストレスが溜まった時はラーメンに限る!!

 

というわけで、仕事のストレスと私生活のストレス満載のオレは、
今日は少し遠出して前々から行きたかったラーメンの有名店にでも突撃してやるぞ、
と意を決していたのでありました。

スポンサーリンク



 

仕事を終え、帰宅前に立ち寄ったお店がこちら。

 

『中華そば ムタヒロ』

GN2M1XyhRF+A Iz HOiiAA

国分寺駅南口から徒歩1分の好立地。

一本奥まった路地を入りますが、迷うことはないでしょう。

隣は系列店の『串あげ ムタヒロ』。

こちらのお店も気になります。またストレスを溜め込んだら来てみよう。笑

 

18:15

突撃!!!!夕飯時にも関わらず店内は空いている。

前客は2名のみ。

 

おおお、これはいい感じじゃないですか!

有名店だけあって、並びも覚悟していただけにラッキーでした。

 

お店に入るやすぐ右手。

券売機がお出迎えです。

QN1X1PBRSmu86vG7vA9acA

ほお、なかなか種類が豊富ですな。

 

う〜ん、何にしたらいいんだ..。

 

ここは一見さんの身。やはり王道なものを注文しておいて間違いはない、ということで、

「ワハハ煮干しそば 750円」

の食券を購入し店員さんに手渡しました。

C1CjWqJCSay5ytPnzxrdoQ

前客が2名ということで、着丼までが早い!なんと5分ですよ!

来ました、世間を騒がせた噂のうまいラーメンとやらが。

それがこちら。ドン!!

 

まずは中華スープに背脂がドサっと浮くスープを一口すする。

どれどれ…。

 

うん、これはうまい。

煮干しを謳ってるだけあって、煮干しのインパクトが口内を襲う。

それでも煮干しの嫌味はまったくといっていいほど伝わってこない。

煮干しが苦手な人もいるんだろうけど、
それを苦手と思わせない努力がこのラーメンからは伝わってくる。

その点はさすがですね。

 

店主が『ラーメン凪』の出身とどこかで聞いていたので、
どこか似た感じかなと思ったけど、かなりアレンジを加えてましたね。

凪ラーメンはもっと煮干しを前面に出して、
舌をザラ付かせるとろっとろの濃厚スープで我々を驚かせたけど、
ムタヒロのはまた違ったところで驚かせてくれた。

凪よりももう少し上品かな、という印象を持ちました。

 

そして。黄色味がかった極太縮れ麺もこれまたいいんです。

一反木綿のような極々太麺が少し入っているところは、凪と一緒。

硬めで注文にすると「ボギボギ」という食感を堪能できるからこれまた面白い。

 

もかなり工夫されてるのがわかります。

特に岩のりを採用しているところなんかは、深く研究され尽くされているのがわかりました。

なるとも懐かしいですよね。

昨今のラーメンになるとが乗ることはほぼほぼ見られない光景になってますもんね。

 

チャーシューは少し物足りなさを感じました。

小さい豚バラ1枚と鶏の胸肉1枚…。

違う部位を入れるのは工夫として評価するんですが、如何せん小さくて存在感がない…。

でもこれだけですかね、改善点があるとするならば。

 

全体的に上品にまとめられ、非常に調和が取れてる極上のラーメンだと思いました。

 

そんなこんなで、概ね満足のいく一杯だったと思います。

 

また国分寺に立ち寄るようなことがあった時は、必ずや突撃を掛けたいと思ってますので、
是非とも存在感のあるチャーシューのご準備をよろしくお願いします(笑)。

 

中華そば ムタヒロ

住所:〒185-0021 東京都国分寺市南町3-15-9 寿コーポB号1F

電話:042-315-2728

時間:11:30~15:00/18:00~23:00[日・連休最終日] 11:30〜15:00/18:00~21:00※
   スープなくなり次第終了

定休日:無休

席数:9席(カウンター席のみ)

煙草:禁煙

駐車場:なし

 

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事