sponsor link
注目!
野方にオープンした横浜家系ラーメンの新店『輝道家』のラーメンを堪能してきた。
sponnsor link

どうも。

へっぽこライター&ブロガーでラーメンヲタクの中村イオラ(@504_479)です。

行きつけの美容院が中野区にありまして、
そのついでにと気になっていたラーメン店に突撃を掛けてきたのでご報告。

そのお店は、オープンして間もない横浜家系ラーメン店。

その名も『輝道家』

IMG 4326

店主がオレの中で評価が高い『武道家』の出身ということで、
かなり期待して突撃を掛けたのでした。

スポンサーリンク

午前11:00。

開店するのを待つようにお店に入って行きました。

券売機で食券を買い込み、それを店員に渡して好みを伝えます。

「硬め濃いめ多めで。」

横浜家系ラーメンを食す時は、必ずこれで注文を入れるオレ。

着丼が待たれます。

店内はL字カウンター席のみ12席。

IMG 4328

ハンガーなども設置されていたりと、
ゆったり食べられるスペースがしっかり確保されているのが嬉しいところ。

そして注文から待つこと3分。着丼!...って、

早っ!

牛丼かっ!

まぁ、早いに越したことはない。早速食べてみることにする。

チャーシュー麺中盛り 1,000円

IMG 4332

まずはレンゲにスープをすくって喉越しを試してみる。

おおお、これは!どこか身覚えのある味わい!

そうだ、武道家だ!さすがは武道家出身の店主だけありますね。
武道家の味わいをベースにしっかり作り込まれている感じが伝わってきました。

武道家が大好物のオレにとってはウェルカム以外の何物でもありません(笑)。

ピンクがかった粘土抜群の濃厚家系豚骨スープは後引く味わい。
ライスとの相性も抜群で、コクのあるスープは、絶賛に値します。

次に

麺も悪くありませんね〜。オーソドックスな家系ラーメンの中太麺って感じですね。

麺の長さも比較的短めにカットされていて食べやすかったです。

コシがあるというよりかは、少しもっちりとした食感だったのが意外でしたけどね。

しかしそんな麺も、横浜家系ラーメンということで、
定番の酒井製麺の麺を採用しているっぽいです。

安定した味わいで安心感があるのは当然といったところでしょう。

チャーシューは少し残念だったかな。

鳥の胸肉のような味わいがして、豚肉好きのオレには少し物足りなかった。

脂身も少なく、クセが強いチャーシューだったので、

「これは少し苦手かな〜…。」

と思っちゃいました。

豚チャーシューというよりも、焼き鳥っぽい味付けだったんですよね..。

多分仕込みの段階で、若干炙っていたのかもしれません。

豚バラなど、甘みのある豚肉を採用してくれたら、
チャーシューも言うことないんですけどね〜..。

それでも全体的なバランスは決して悪くなかったと思います。

麺とスープもよく調和が取れてるし、美味しいのは言うまでもありません。

ただ、武道家が偉大すぎて、少しそれには劣る印象を抱いたのは確かかな。

輝道家は武道家じゃないので、独自路線を貫いてもらいたいわけですけど、
うまさのバロメーターは少し劣っているのは事実なわけで、
その辺は今後精進をしていって頂きたいです。

まぁ、これから少しづつ進化していってくれることに期待しましょう。

また突撃かけますんでよろしくお願いします。

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事