sponsor link
注目!
【昭島市】『らーめん 縁』の油そばを食してみた感想【油そば】
sponnsor link

どうも。

へっぽこライターでブロガーの中村イオラ(@504_479)です。

このブログを読んでくださってる方はご存知かとは思いますが、
私中村イオラ、油そばが大好物なのであります。

特に武蔵境にある元祖油そばの店、『珍々亭』の油そばには目がありません。

今日、油そばがとてつもなく食べたくなったので、
珍々亭の油そばではありませんでしたが、
少し趣の異なる油そばをすすってきたのでちょいとご報告致します。

スポンサーリンク

 

 

本日お世話になったお店がこちら。

昭島市にある、『らーめん 縁』

IMG 4313

昭島駅南口から徒歩5分ぐらいの住宅街にあるこのお店。

聞くところによると、店主は『武蔵村山東池袋大勝軒』の出身というじゃないですか。

その血筋、期待しないわけにいきません。当然のごとく胸が高鳴りました。

 

さてさて。当初、何を食べたらいいのかわからずにいたんですが、
入り口にあったこの看板を見て、決意しました。

IMG 4314

「よっしゃ、油そばを食べよう。」と。

 

入り口を入り、左側後方にある券売機で食券を購入しようと思ったら、油そばがない…。

どうやら油そばに関しては、食券を購入せずに現金での支払いらしい。

 

店員に「油そば」の注文を入れて待つこと5分。

無事着丼!!

「油そば 230g + チャーシュー1枚 100円=900円」

IMG 4315

魚介風味の香りがフワッと漂ってきて食欲をそそります。

油そばということで、一口すする前に早速麺とタレをよくかき混ぜて全体をなじませました。

 

中村イオラ
さあ、いよいよ食うぞ!!

 

まずはじゃ。

第一印象としては、この油そばの中太縮れ麺は、モチモチとしてて食べ応えがあるということ。

バランス感覚もよく、この油そばにはぴったり合ってるようにも思いましたね。

麺単体は言うことありません。

 

次に油ダレ

これが少し残念だったりする…。とにかく味付けが甘いんです。
魚介風味の香りが漂ってきて食欲をそそるのは確かなんですが、無駄な甘みがあるのがちょっとね。

それもあってか、味に深みが出てこないのが残念でした…。

あの甘みによって味覚に飽きが生じ、
水を口に含んで味わいのリスタートを図るという作業が必要なほどでした。

やはり油そばは辛味と酸味がないとダメですね。

これが結論です、はい。

 

でもチャーシューは冷たいながらも脂がフワッと乗ってとても美味かったです。

さすがは一枚100円するだけあります。

あ、煮玉子もよく煮込まれてて美味かってですね。

 

単調な味わいの油そばでちょっと残念でしたが、
今度は普通のラーメンを食べてみようと思いました。

一つ一つの具のクオリティは決して悪くないので、絶対に他のものも美味いと思うんです。

期待も込めてまた突撃をかけたいと思います。

住所:東京都昭島市昭和町5-12-11 コーポアサイ1F

電話:042-544-6553

時間:11:00~15:00/17:00~21:00

休:水曜日

席数:9席

喫煙:不可

駐車場:なし

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事