sponsor link
注目!
新宿のラーメンといえば「満来」に「麺屋武蔵」に「桂花ラーメン」..。いえいえ、『ラーメン凪』でしょ。
sponnsor link

 

どうも。

へっぽこライターでラヲタブロガーの中村イオラ(@504_479)です。

 

先日、ショッピングのために新宿に出向きました。

新宿に遊びに行くことが随分と久しぶりのことだったので、胸の高鳴りを抑えるのに必死でしたね。もはやお上りさんです(笑)。

新宿に赴いたのはなんだかんだで3年ぶりぐらいだったんじゃないかなぁ。

久しぶりの新宿は、街並みもだいぶ変わってたりと、なんだかとても新鮮な感じ。

心のどこかで、これはこれはいい日になりそうだ、と閃いていたのは確かです。

スポンサーリンク



そんな新宿の街をぶらぶらと歩き、目的だったショッピングも無事に終えたこともあって、昼飯でも食うかとラーメン屋を検索し始めました。

もはやルーティーンw

 

いつものように「ラーメン二郎」じゃ芸がない。今日こそは新店開拓という冒険をしてみようと決意していたのです。

まずは評価の高いお店を中心にリストアップ。

駅から少し離れたところにいたけど、今日は暇を持て余してるし、時間を惜しまずにどこにでも訪問してやろうという心意気でいました。

そして厳選に厳選を重ね、訪問したお店がこちら。

すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館

外観の第一印象としては、

「狭っ!!こんな狭いお店で営業できるんか??」

という感じでした。

午前11:30。

まず、入口の扉を開けて入り、すぐにある急階段を上って2Fに上がり、券売機で食券を買います。

想像通り、店狭っ!

それでもカウンター席が11席あることに驚きましたよ。

前客は6人ほどだったでしょうか。あまり混んでなくて食い意地の塊のオレにとっては朗報でした。

カウンター席に座るや、買った食券を店員に渡す。すると即座に好みを聞かれます。

以下の表を参考に、「特製合わせ味(塩+醤油)、麺硬、味濃いめ、あぶら多め、1辛」で注文。

注文入れてから待つこと10分。

着丼!!!!

見るからに美味そうじゃありません??

ご対面した瞬間から、このラーメンのオーラがものすごくて凄い存在感を放っているんです。

「早くスープ飲んでみて..。」

みたいな声が聞こえてきそうだったので、早速頂いてみました。

 

なんですか、このスープは...。

めっちゃ美味い。確かに煮干しの味わいなんだけど、嫌な感じのものじゃないんですよね。

煮干しが苦手な人っているじゃないですか?オレみたいに。

でもね、このスープなら、たぶん大方の人は「美味い」と声をあげながらゴクゴク飲めるんじゃないかな。

煮干し特有の苦味もなく、むしろ甘みを出すことに成功してる。ダイレクトに煮干しの味が口の中に来るんじゃなくて、何かわかりませんが濃厚で複雑な深い味わいと共に煮干しの味がやってくる感じなので、ものすごく高級感があるんですよね。

話が脇にそれますがここのお水、レモン水なんですけどね、スープともものすごく相性が良いんです。

箸休め的に水をすするんですけど、水の美味さをも引き出すんです。

凪ラーメンのスープ...、やはり只者じゃありません。

 

もこれまた凄いんです。

黄色味がかったもちもち極太縮れ麺は、スープとの相性抜群。煮干しスープをこれでもか!と救い上げてくれます。

一反木綿のようなものも入っているんですが、変化を与えてくれるものでこれも素晴らしいアイデアだと思いました。

これがあるだけで、客をまったく飽きさせないんです。

このように、細やかなアイデアをそこら中に散りばめている凪ラーメンは本当に偉大です。

 

チャーシューも文句のつけようがありません。

一見硬そうに見えるチャーシューは、噛み応えがある中に、柔らかさも併せ持ってる絶妙な一品。

食べやすくスープに合う絶品チャーシューを食べたら、もっと欲しくなっちゃいました。

特製を注文しておけばよかった...、と後悔したのは、このめちゃくちゃ美味いチャーシューを食べてからというもの。

最高の出来栄えのチャーシューを提供してくれたことにも感謝です。

 

は目立ったものはあまりなかったです。

ネギが入ってましたが、これもまた計算尽くされた感じでしたね。

ネギは煮干しの味わいをさらにキリッと締める役割を担っているように思え、脇役としてなくてはならないものと言えそうです。

 

いっやぁ〜、あまり冒険をしないオレですが、こんな美味いラーメンに出会えたわけだから、勇気を出して冒険してよかったと思いました。

皆様も新宿に行った際には、是非とも『ラーメン凪』に立ち寄ってみてくださいまし。

美味いですよ〜。

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事