sponsor link
注目!
sponnsor link

どうも。

へっぽこライターでブロガーの中村イオラ(@504_479)です。

埼スタに行かないでよかったですよ、ぶっちゃけ。

チケットはあったんですが、寒かったのでやめました(笑)。

いや、それだけの理由ではありません。

今のFC東京は、熱狂的サポーターだったこのオレの情熱をも奪うぐらいに不甲斐ない戦いを続けているのは周知の事実。

末恐ろしいですよ、ホント。埼スタなんてうちからすぐなんですから。

それでも行くのやめちゃうぐらいに東京熱が冷え込んじゃってるから重症ですわ..。

サポーターのチケット代をも無駄にするぐらいに熱を奪っていくダメクラブ(笑)。

もはや救いようがありませんわ。

スポンサーリンク



さて、今日の浦和戦。

浦和戦がゆえにどうせ勝てなかったんだろ?

と思いながらtwitter観戦をしていたんですが、見事にその通りになりましたな(笑)

ゲームの詳細がこちら。

はぁ、どうします、このネタクラブ…。

首都のクラブとは思えないほどの情けなさなんですが。

浦和にこれだけ勝てないというのも十分に情けないんですが、シーズン終わって、結局安定の中位(6位が中位なのか上位なのかははっきりしませんが..)に収まるというのがネタクラブ一直線であることを物語ってますよね。

あまり振り返りたくないけど、念の為今日の試合でも振り返っておきましょうか。

面倒臭いので箇条書きにしときます。

・東京の下部組織出身の李忠成に2得点を奪われる情けないFC東京。

・相手の初先発の若手くんにJリーグ初得点を献上し、自信をつけさせて差し上げる優しく情けないFC東京。

・同点に追いついたと思ったら、一瞬の隙を突かれ、直後にすぐに追加点を与える情けないFC東京。

・決定機を決めきれず、結局それが響いて最後は負けるという通常運転の情けなさのFC東京。

・浦和には勝っちゃいけないルールがあるのではないかと思うほど、無様に負けこむ情けないFC東京。

・…。

あー、もうやめた。ムカついてきた。

2018シーズンの総括はまた別の機会にやりますんでよろしく。

あー、来年はぬるま湯クラブのサポーターを卒業したいなぁ〜。

頼むから我がクラブも結果を求めるプロフェッショナル集団に変貌しておくれよな。

それだけが来季に向けてのささやかな希望だったりする。

その辺もあらためて書きますんで待っててくださいまし。

はぁ、疲れた…。

では。

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事