sponsor link
注目!
sponnsor link

 

どうも。

へっぽこライターでブロガーの中村イオラ(@504_479)です。

ACLに出場すべく、大事な試合が続いていく我がFC東京。

そんな大事な今日の一戦は、優勝を決め込みモチベが0であろう川崎Fを、ホーム味の素スタジアムに迎えての「多摩川クラシコ」でした。

ACL進出を考えても、宿命の因縁の相手と考えても絶対に負けられない一戦だったのは言うまでもありません。

ましてやホーム味スタでの一戦。たまにはスカッと快勝してほしいものであります。

スポンサーリンク



そう願って臨んだ一戦も、チャンピオンチームを目の前にして、いとも簡単に弾き飛ばされた感すらあります。

悲しみがこみ上げてくるゲームの詳細がこちら。

同じJ1のクラブとは思えないほどの歴然とした力の差…。何もかもが違いすぎたようで。

川崎とFC東京はいつからこんなにも差が開いてしまったのでしょうか。

ただただ悲しい「多摩川クラシコ」になってしまいました。

 

ACLへの夢も儚なく潰えてしまいましたね。

 

リーグ戦真っ只中、幾度となく訪れた大事な試合をこれだけ落とせば、

そりゃACL出場というチャンスをも掴みとれませんって。

こんなにも勝負弱いんじゃ、たとえACLに出たところで木っ端微塵にされるだけだから、むしろ出ないでよかったとも言える。

 

それよりもオレは、このホーム味スタで、何試合も連続して得点すら奪えない塩試合を展開している無様なチームに、怒りを通り越して呆れ返ってる始末です。

なんですかね、この勝てなさ具合…。

やっぱ一部サポーターが言うように、味スタのせいなのか??

もはや味スタは捨てるべきホームスタジアムなんじゃないでしょうか...。

こんなに勝てない魔のスタジアムなんてもはやホームスタジアムとは言えんですわ。

ここまで勝てないホームスタジアムってのも聞いたことないですもん。

もういいですわ、

 

縁起悪いので、とっとと新スタジアムに引っ越しましょうよ...。

 

...って、得点できないことや勝てないことをスタジアムのせいにするって重症ですわな。

それぐらい何かにすがる思いなのは確かですけどね、はい。

現実逃避せず本当のことを言ってしまえば、勝てない原因は、ホームスタジアムのせいだけではありません。

 

来季、巻き返しを期するのなら、やはり補強は避けて通れません。

 

今年は何人もの選手がシーズン中に去っていきました。

選手が去っていっただけで、効果的な補強はろくになし。

こんなんで長いシーズンを勝ち抜いて行けるわけがないでしょうに…。

 

うちのクラブは、何度同じ過ちを繰り返すのでしょうか。

来季は、とにかく強力な外国人選手を獲得しまくって、チームの核としてほしい。

外国人選手でセンターラインを固めるぐらいの勢いがあってもいいですよ。

 

それぐらい補強に思い切って注力をしてほしいのであります。

さて、ホーム最終戦となった試合後はいつものセレモニーがありました。

 

長谷川健太の失笑コメントの後に、満を持しての

梶山陽平引退セレモニーも執り行われました。

東京を支えてきた功績者の一人ではあるけど、オレ個人としては、

もっとやってくれなきゃ困る選手であったのは言うまでもありません。

まぁ、度重なる怪我に悩まされていたこともあったので、いた仕方がないこともあったんでしょうけどね…。

何はともあれ、東京の10番よ、

お疲れ様でした。

引退後はひとまず、酷使しまくった体を休めてあげていただきたいものです。

 

さあ、次節は浦和戦。

順位をこれ以上下げないためにも、これまた負けられない直接対決です。

鬼門の埼玉スタジアム。

泣いても笑っても今年最後の試合。

どうせなら勝って笑ってシーズンを終え、来季につなげてほしいものである。

よろしく、FC東京!!

YNWA!!

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事