sponsor link
注目!
sponnsor link

 

どうも。

へっぽこライターでブロガーの中村イオラ(@504_479)です。

 

鹿児島といえば桜島。

鹿児島といえば西郷隆盛に大久保利通。

鹿児島といえばかき氷。

 

え、かき氷??

そうなんですよ、鹿児島名物といえば、『天文館むじゃき』「白熊」かき氷らしいのです。

大いに堪能してきたので早速紹介していきましょう。

スポンサーリンク




天文館のメインストリートとも言える「天文館通り」沿いにある本店店舗は、なかなか立派な佇まい。

IMG 4180

1F〜5Fまですべてむじゃきの店舗のようです。

「白熊」を食べるかどうかを聞かれ、「食べる。」と答えた客は、概ね1Fに通されます。

食事客は2F〜4Fのフロアに通されるみたいです。

入り口では巨大な白熊ちゃんがお出迎え。

IMG 4181

これにお出迎いされると、

「いよいよ今から鹿児島名物の白熊が食べられるのか」

と思い、テンションが自ずと上がってきました。

 

着席し、注文を入れてから10分。

来ました、念願の「白熊」が!!

ジャーン!!!!

白熊 レギュラー 720円

IMG 4184

デ、デカい!!!!

上から見ると見事に白熊ちゃんの顔に見えます。

レーズンが両目と口。さくらんぼが鼻というわけです。

うん、白熊に見えます。

名前の由来はここから来ているのでしょうか。

IMG 4183

早速一口頂いてみます。

ウッヒョ〜、冷たい!!!!

そりゃそうですよね、11月末の北風吹き荒れる寒い日にかき氷とか食べてるんですから(笑)。

そんな環境下でもかき氷を食べるのを苦痛と感じさせない『天文館むじゃき』の「白熊」の偉大さ。

 

味は完璧。ミルクがふんだんに掛けられていて、とても甘いんです。
誰もが好き好む甘さでしつこく嫌にならない味わい。

レーズンやさくらんぼ、みかんやパイナップルなどのフルーツもふんだんに使われていて、
いいアクセントになってて、決して飽きてきません。

 

この季節、レギュラーで少し大きいかな〜、と思ったので、ミニという選択肢があってもいいかもしれませんね。

 

せっかく鹿児島に来たのだから、

「名物かき氷を食べておかなきゃ。」

とお思いの方は是非レギュラーを注文してみてください。

美味しいですよ。これまたオススメです。

ではでは。

天文館むじゃき

住所:〒892-0843 鹿児島県鹿児島市千日町5−8

TEL:099-222-6904 FAX:099-222-8379

時間:11:00〜21:30

休み:不定休

HP:mujyaki.co.jp

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事