スポンサーリンク
注目!
スポンサーリンク

 

どうもです。

25年前からのジロリアンでもある中村イオラ(@504_479)です。

当時、ホームとしてたラーメン二郎は「吉祥寺店(後のラーメン生郎)」でしたが、今は閉店してしまっているので、現ホームは「ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店」とさせて頂いてます(笑)。

 

しかし、自宅から一番近いラーメン二郎は「ラーメン二郎立川店」なんです。

そのような事情から、「ラーメン二郎立川店」をホームにしたかったのですが、しばらく休業していた関係もあって、なかなか訪問する機会がなかったんですよね。

それが最近、その「ラーメン二郎立川店」が復活したというじゃないですか。日に日にその存在感を増しているという噂を聞きつけ、

 

「これは食さねば!」

 

と強い意気込みを持っておりました。そして今日、その念願叶って久しぶりの訪問となったというわけです。

スポンサーリンク



午前10:50。店前の行列は6人と、10分後の開店時間を考えると少し寂しい感じ。

 

午前11時。開店。7番目の客として店内に突撃。

入り口を入って正面にある券売機で食券を購入。

 

ムムム...、

ぶたダブルはひとまずやってないみたいですね。残念。

食券をカウンターの上に置いて待つこと15分。1ロット目のジロリアンたちが、ニンニクの良い香りを漂わせながらラーメンを美味そうにすすっている。

そんな中、我々2ロット目のジロリアンたちが続々と呪文を唱えていきました。

店主
こぶたの人、ニンニク入れますか?

イオラ
「うおおおぉぉぉぉ、懐かしい、この問いかけ!w」

イオラ
ヤサイ少なめカラメアブラニンニクちょっと。
そして待ちに待った着丼の時がやってきたー!!!!
ラーメン二郎とご対面!!

イオラ
おおお、嬉しい。ラーメン二郎自体が久しぶりで愛おしくなってきた。
「こぶたラーメン ヤサイ少なめカラメアブラニンニクちょっと 900円」
黄金色に光り輝く、ニンニクの香り漂うスープは、食欲をそそりまくる罪なやつです。
そんな黄金スープを早速口に含んでみました。

イオラ
うっわ..。相変わらず(゚д゚)ウマー
休業していたとは思えないぐらいのクオリティの高さ。ブランクを感じさせない職人技にはあっぱれ!をあげたくなりました。
豚骨はもちろんのこと、ニンニクやその他色々な具材をよく煮込み、これでもか!..と、ありとあらゆるエキスが溶け込ませているスープは絶品の味わい。
カラメだけあって、カネシがキリッと効いていて引き締まっている。
コクがあるのは当然として、あと引く味わいでいつまでも楽しめるのがいい。
そして次は
ゴリゴリワシワシの硬めの太麺こそが二郎の麺の真骨頂。
こうでなくっちゃ二郎じゃない。まさに、この麺無くして二郎なし。
この噛み応え抜群の太麺は、ラーメン二郎のスープとよく合うんですよね。
大迫ハンパない!...じゃなくて量もまたハンパない!
そしてですよ。
これまた二郎でしか味わえない独特の豚は最高の代物。
ふわとろッとした豚が好みのオレ。
立川店のものは、半分が硬めの豚でもう半分が柔らかめ。ラーメンに入っている豚でも変化に富んでいると楽しむことができるのは確か。
味わいを二度楽しむことができる、ということでこれはこれでいいかもしれません。
ヤサイモヤシ7、キャベツ3の割合。
これをスープに浸して食べるのがこれまた美味いんです。
ボリュームある麺や豚、インパクトあるスープそ飲んでからの箸休め的な立ち位置として欠かすことができないものとなってます。
久しぶりのラーメン二郎。やっぱロマンがあっていいですな。
ベジタリアン宣言しましたが、年に1回ぐらいは食べることにします。
二郎を語り出したら奥が深すぎて深夜にまで及んじゃうので、今日はこの辺にしておきます(笑)。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事