注目!

どうも。福岡を堪能し、昨晩帰京しました中村イオラ(@504_479)です。

福岡出張最後はグルメ記事2本で締めくくろうと思います。

実はというと、福岡最後に堪能するグルメを何にしようかと、福岡の地下鉄の中で考えているうちに、福岡空港に到着しちゃって困り果ててました。笑

スポンサーリンク

仕方ないので空港内で済まそうと散策を開始。すると国内線ターミナルビル3Fに何やら面白そうなものがあるじゃないですか。

福岡空港内の「ラーメン滑走路」

むむむ...。

『ラーメン滑走路』

だと??

JR東京駅にある『ラーメンストリート』みたいなもんでしょ、とピンと閃いてしまいました。

これは寄らずにはいられない。

そして数あるお店の中から選んだのがこちら。

じゃん!

『つじ田』

「つじ田」

つじ田なら東京でも食えるじゃん、とか突っ込まないでくださいね。

この福岡出張で、すっかり福岡の美味い食いもんに慣れ親しんだいま、東京の味にそろそろ舌を慣らしておかないと、福岡が恋しくなって辛くなる時期がすぐにくるかも、と思ってね。笑

いわゆるリハビリの一貫です。

メニューがこちら。ちょっと画像が荒いですね。すみません。

お品書き

入り口で買った食券を渡して5分後に着丼。

濃厚特製つけ麺 大盛り チャーシュー(3枚)

「濃厚特製つけ麺 大盛り チャーシュー」

六厘舎のつけ麺を少しカジュアルにしたような見た目。いい香りが食欲をそそります。

早速頂いてみました。

濃厚魚介豚骨スープの喉越しが最高。

茶濁色の濃厚スープは粘度のあるタイプのもので、すごく丁寧に作り上げられたものだとすぐにわかりました。

とても優しい味わいでズンズンと飲み進み、思わずつけ汁が足りなくなるんじゃないかと思いました。

粘度のある濃厚魚介豚骨スープが好きなオレには、ちょっと粘度が足りなく感じ、若干の物足りなさを感じたのが本音です。

それでも美味いんですから、相当な実力店であることが伺い知れます。

コシのある麺は甘みがあって非常に上品

噛みごたえ抜群の真っ白な麺はものすごく甘みがあって上品に盛られていました。

スープにつけて食べるとこれまた最高なんですよね。

スープとの相性が抜群なのが一目瞭然。スープとよく絡み、コクのある美味いつけ汁をしっかり連れて来てくれて、それとコラボしてダブルで美味い。

スープをよく引き立ててるだけでなく、麺だけで主役を張れるこの麺は是非食べていただきたいですね。

具は煮卵に刻みネギ、かぼすはいいアクセントに

脇役の具ではありますが、このつけ麺にはどれも欠けてはならないものだとわかります。

特にかぼす。つけ麺の味に飽き始めた時にかぼすを麺に絞りかけます。それで食べると、今まで食べて来たつけ麺とは違う側面を見せてくれるものに変身。

「これこそがつじ田のつけ麺の醍醐味なのか!」

ということで、かぼすは無くてはならないものだとわかりました。

半熟に煮立てた味玉もいい箸休めになってよかったです。

厚切りチャーシューは食べ応え抜群。

1cmほどの暑さにスライスされた厚切りチャーシューは歯ごたえ抜群です。つけ麺を主食とするなら、このチャーシューは主菜とでも言いましょうか。それぐらいの存在感がありました。

楽しみとして最後まで残しておいちゃうぐらいに美味かったです。

ただ、もうちょと温かくてもよかったのではないか、とも思いました。

「ラーメン滑走路つじ田」のまとめ

いくら名店とはいえ、空港内施設にある店舗では実力の半分も出せないのではないか、、、と懸念していたのですが、そんなことはありませんでした。

ラーメンマニアから一般客まで、満足させるのに十分なパフォーマンスを出せていると思います。

「福岡空港内のラーメン滑走路」

時間を潰すのにもってこいのグルメスポットだと思うので、出発までの空き時間でも是非立ち寄ってみてください。

美味いのはもちろん、面白いスポットであることは間違いありません。

店名:めん徳 二代目 つじ田 福岡空港店

住所:福岡市博多区下臼井767-1福岡空港国内線ターミナルビル3F「ラーメン滑走路」内

電話:092-292-6700

時間:10:00〜21:45

定休日:不定休

公式HP:http://www.nidaime-tsujita.co.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事