【Jリーグ第18節】V・ファーレン長崎の術中にハマり、久しぶりの敗戦。FC東京はこの敗戦を糧にできるのか。【長崎戦】

スポンサーリンク

どうも、ライターでブロガーでありながら社畜でもある中村イオラ(@504_479)です。

金曜日開催のホーム味スタでの長崎戦。

仕事帰りにふらっと立ち寄って観に行きたかったんですが家庭の都合で観に行けず。

まぁ、結果としてそれでよかったのかもしれません。涙

というのもですね、長崎ごときに手も足も出なかったからなんです。

10戦負けなしで2位につけていた我がFC東京。まさか長崎に足元をすくわれるとは思いもよりませんでしたよ。

それにしても長崎にはしてやられたなぁ〜。

事前のスカウティングを入念に行い、対策を練ってきた成果が出たのだろう。

長崎の高木監督の術中にハマってしまった試合展開に、グギグギの連続で歯がすり減るかと思いましたもんね。

イオラ
長崎、やるじゃん。。。

GK大久保択生のファインセーブでゴールを死守してきたFC東京だったが、攻勢を強める長崎を前に、守り一辺倒ではゴールを死守仕切るのは至難の業ってもんです。

後半の失点したくない時間帯。なんとかしのいでいたFC東京ではあったが、長崎のFWファンマにゴールを決められ万事休す。

イオラ
うぐぐぐぐ…。

枠内シュートも無く、まったくいいところを出せずして敗れ去っていきました。

金曜日開催で相手が長崎。それにも関わらず23,000人もの人が観戦したゲームを落とすっていつものFC東京ですけどね。笑

下位クラブ相手に、こういう苦しい試合展開でも勝っていけないとタイトルを獲得するなんて夢のまた夢でしょう。無理にポジれば、強豪クラブにのし上がっていく上で、いい勉強になったことでしょう。つか、この敗戦から是が非でも学ばなくてはなりませんよ。高い授業料払ったんだから。

健太采配も冴えてませんでしたね〜。健太も夏バテ気味だったのかしら。

勝っている時は、メンバーを動かさない、という定石を破ってフレッシュな選手をスタメンに使ったんでしょうけど、それが完全に裏目でした。永井が機能するだけの広大なスペースを長崎は与えてくれませんでした。

大森も相手のプレスに飲み込まれ、これといった活躍も見せることもできず、丹波に至っては危うい守備を見せる場面も多々ありましたし。

連戦を乗り越える意味で、選手を入れ替えて戦っていくことは、結果として競争原理を働かせることになっているのも確か。なので全否定はしないのですが、昨日に関しては少し長崎を舐めちゃったのではないかな。

そんな気がしたのはオレだけでしょうか。

前述した通り、昨日の長崎戦に関しては、負けられない戦いが続く中で、非常に大事な一戦を落としたと思うのです。広島の背中は遠ざかり、3位川崎にはかわされるかもしれません。

しかしまだまだリーグも後半戦が始まったばかり。しっかりとこの敗戦を糧にして前向きに戦っていって頂きたい。

イオラ
次からまた勝っていくぞ〜!!

あー、それにしてもまさかここで負けるとはな〜。残念無念じゃ。

今日はこのへんで。バイなら。

スポンサーリンク