【欧州CL決勝】リバプール惨敗!しかしここから始めよう。You’ll Never Walk Alone【レアル・マドリード戦】

どうも。

ポンコツライター兼リパプールファンの中村イオラ(@504_479)です。

傷心が癒えた今だからこそできることがあるってもんです。今更ながらではありますが、

欧州CL決勝レアル・マドリードVS.リバプール

の感想でも記しておこうと思います。

スポンサーリンク

  

愛してやまないオレのリバプール…。90分間の中で、ありとあらゆる悲劇を見せつけられた決勝戦でした。

エース、モハメド・サラーの負傷交代に始まり、GKカリウスの凡ミスによる失点で全てが終わってしまった感すらあります。

 

サラーが活き活きとしていた前半は、ものすごく推進力があり、レアル陣内に何度も攻め込み、脅威を与えていたのですが、サラーが負傷してからというもの、まったく攻めに怖さがなくなってしまいました(マネの意地の同点弾はありましたが..)。

出典:Football ZONE web

FWマネのカウンターも散発的で相手を脅かすには至らず、FWフェルミーノは前線で孤立。攻撃陣に連携がみられなくなってしまったことがただただ残念でした。

そう思うと、サラーを壊したレアルのCBセルヒオ・ラモスを恨みたくもなるってもんです。

腕を決めて倒れこむあの汚さ、あのずる賢さが強さの秘訣なのかもしれませんが、ものすごく胸糞が悪いです。

かつて、我がFC東京のケリーがアビスパ福岡のMF中払大介に同じようなプレーで怪我をさせられたことを思い出し、TVの前で憤慨したのを懐かしく思い出しました。

ラモスからすると、相手エースに仕事をさせないのはCBとして当然なのかもしれません。しかし何も壊すまでのこともあるまいに。エジプトの国民的英雄のサラーは、W杯でも期待されていたわけで、ラモスはエジプト国民からファラオの呪いを掛けられることは間違いないでしょうな。笑

もう一つのリバプールの敗因。

そうです、GKカリウスの凡ミスによる2失点…。

出典:BIGLOBEニュース

あれは試合の流れを相手に渡し、そして試合を決定付けちゃいましたよね〜。

特に1失点目のベンゼマの脚に当たってゴールに吸い込まれてしまったあのシーン。あれ、アマチュアでもまずお目にかかれない失点シーンだと思うのです。まさかあれが欧州CLの決勝戦で見れるとはね..(皮肉)。トホホッ。

カリウスの失意の涙も印象的だったけど、彼、リバプールを放出されるのも時間の問題かもね..。

とにかく、エースを怪我で失い、更にはミスで自滅をしたリバプールにレアルを叩けるほどの力も無いわけで。前半の勢いをもってすればもしかしたらの展開もあったのかと思うと、ただただ勿体無い試合を落とたなぁ、という印象でした。

でもですよ。さすがは名将クロップです。確実にリバプールのチーム力を向上させ、欧州CLの決勝までチームを連れてきたわけで、彼の偉大さを証明したと思うのです。

出典:AFPBB News

プレミアリーグでも優勝を狙えるチームに仕上げてきているとも思うので来年こそは期待が持てそうですね。

モナコからMFのファビーニョも補強したことですし、期待が更に膨らむばかりですしね。

出典:qoly.jp

気を取り直してまたここからやって行こうじゃありませんか。

イオラ
You’ll Never Walk Alone♪