スポンサーリンク
注目!
スポンサーリンク

どうも。

ポンコツライターの中村イオラ(@504_479)です。

はい、負け〜。早速タイトル一個失ったわけだ...。

このシーソーゲームを落とすって、タイトル奪取に対する熱意がまるで足りてなかったと思う。ただただ、タイトルが懸かった大事な試合を無駄にしないで頂きたかったです。

スポンサーリンク

  

いくら相手のホームとはいえ、せっかく終盤に逆転したゲームなのだから、逃げ切るゲームプランを展開し、実行できなきゃダメでしょ。相手はJ2のクラブですよ?

それができずにバタバタ失点し、負けるってどっちがJ2クラブなんでしょ。

恥ずかしくないんですかね。

そりゃ〜ね、確かにゲームに出てたのは日頃J3の試合に出ている選手たちでしたよ。

でもね、自分たちがJ1クラブに在籍しているんだ、という意地を見せつけてくれてもいいんじゃないでしょうかね。J2クラブ相手にそれを証明できなければ、自分たちがJ2クラブの実力しかない、という証明を自らしちゃってるわけだし...。

ここで通用しなかった選手たちは、来年あたりはJ2のクラブに放出されても致し方ないと思われてしまうのだよ。もっとがむしゃらに、もっとハングリーに試合に臨んで欲しかった。

結局ね、プロは結果が全てなんです。結果を出せなかった選手は、下のカテゴリーに行く運命を辿るというシビアな世界な訳ですよ。

「意地でもJ1の選手でい続けるんだ!」

という強い思いを持って試合に臨んだ選手は何人いたのでしょうか。

ああ梶山...。

ああ吉本...。

お前らときたら...。

ベテランほどダメじゃんかよ...。

好調なトップチームの底上げを図る意味でも、リザーブの選手たちの奮起が必要なんですよ。ベテランにはそのあたりを自覚してもっと引っ張って欲しかったですわ。

 

でもね、一筋の希望の光も見えたのも事実。

ベテランについては匙を投げたくなったわけだけど、品田愛斗富樫敬真矢島輝一は輝きを放ったんじゃないでしょうか。

矢島、冨樫についてはゴールという結果で力を示し、品田は惜しいシュートで存在感を出していた。
リッピ、平岡翼もゲームにしっかり入り込んで面白い存在になっていたと思う。

今後彼らをトップチームでも見てみたい、と思わせてくれたのが今日のゲームのせめてもの救いだったかな。

それにしても勿体無い試合をしてしまったよなぁ...。

この敗戦で、ルヴァン杯は敗退が決定。今後、消化試合をこなすという屈辱も味わうわけで、この悔しさをリーグ戦にぶつけて欲しいものです。

最後に一言言わせておくれよ。

金がかかってるんだ!タイトルを無駄にするんじゃない!!

[amazonjs asin="B01N04KRIT" locale="JP" title="(アディダス)adidas サッカーウェア アルビレックス新潟 2017年 ホーム レプリカユニフォーム CVK34 メンズ BI4965 オレンジ J/L"] [amazonjs asin="B01ANMVI82" locale="JP" title="(アディダス)adidas サッカーウェア アルビレックス新潟 ホーム レプリカ 半袖シャツ KII52 キッズ AN9722 オレンジ J140"]
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事