sponsor link
注目!
sponnsor link

どうも。

へっぽこフリーライターでラーメン愛好家の中村イオラ( icon-twitter 504_479)です。

昨日は飲み会で立川に出向きました。飲んで飲んで飲みまくり、いい感じに酔っ払ったそんな飲み会も無事終了。

「飲み会は締めのラーメンまでが飲み会です。」ということで、

飲み会後にラーメン店を探すのはもはやデフォなのであります。リサーチを進める中で、思わず閃いたんですが...、

そういえばここは立川じゃないか!と。

スポンサーリンク

  

立川とえいば、今世間を賑わしているあのラーメン店がある。

そうです、『立川マシマシ』!!!!

このラーメンフリークのオレが、いまだに行ったことがないお店ということで、

「このチャンス、絶対に逃すべからず。」

と『立川マシマシ』に勇ましく突撃することを決意したのでした。

21:30。突撃開始!

まずは券売機で食券を購入。

そのまま進んで席を探すも店内のコの字カウンターはすべて満席...。しかし並び一人目ということで、常に並んでいる人気店であることを考えると、全然許容範囲でした。これは正直ラッキーでしたね。

前客が食べ終わり、席が空いたのでそこに案内されました。そして食券を店員に手渡します。

食券を渡して待つこと10分。

着丼きた〜〜〜。

ラーメン 豚マシ 950円

ヤサイ少なめ味カラメ油普通

おお、盛りの迫力はまずまず。さすがは二郎インスパイア系を謳ってるだけある。

カウンター席にはこんなものも貼ってありました。

なんだかB級グルメの宝庫のようなお店ですね(笑)。

さあ食うぞ!

見せてもらおうか、大人気二郎インスパイア系のお店の実力とやらを!!

まずは天地返しをして食べやすいようにします。

よっしゃまずはからだ。

麺は黄色味がかったコリコリとした極太のもの。これでこそ二郎系。

うん...??、(´・_・`) でも、なんか、そんなにインパクトがないぞ...。

量が多いだけで迫力があるわけでもなく、インパクトがあるわけでもなく..。特段美味さを感じるでもなく...。

食べても食べても味がボヤけて最初から最後までよくわかりませんでした。

次はスープ

やはり味がはっきりしない。このボヤけた味わいの正体は一体なんなんでしょうか??

カラメコールしてもこのモヤモヤした味わいで不完全燃焼。ちょっとガッカリだったかな。

麺との絡みもイマイチだったように思いました。バランスが少し悪いのかな..。

とろけるぐらいにとろっとろに良く煮込まれた豚が大好きなオレ。そんなオレのフィーリングに、ここの豚はやはり受け入れられなかった。

味付けも少ししょっぱかった印象。

全体的な印象として、ちょっとインパクトが薄い。これで二郎インスパイア系を名乗っていいのかと思っちゃったぐらい。美味いか不味いのかはっきりしない味わいにずっとストレス抱えてましたよ。

やはり二郎インスパイア系は、二郎インスパイア系の域を出ませんでしたな。同時に二郎の偉大さを感じさせられた一杯だったとも言えるでしょう。

イオラ
立川行ったのであれば、復活した立川二郎に行けばよかったなぁ〜..。笑

結論。

ラーメン二郎は、いくら二郎に似せて作ったものであったとしても、やはりそこは追随を許さないんだなぁ〜、と実感しました。ラーメン二郎はラーメン二郎でしかない。これがすべてです。

今後は二郎インスパイア系を食べる機会があったとしても、ラーメン二郎でなければ食べないぞ、と心に誓ったのでありました。

イオラ
二郎さん、昨日は浮気してごめんなさい。
sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事