sponsor link
注目!
sponnsor link
  どうも。 へっぽこフリーライターでファイナンシャルプランナーの中村イオラです。   本日は、本業の出張で金沢にやって来ております。   北陸新幹線で金沢到着。駅のエスカレーターを改札口に向かって降りて行くと、こ〜んな大きな看板が私を出迎えてくれておりました。
なんだか気分がいいですね。自然と笑みがこぼれます。

スポンサーリンク

それにしても、金沢という地。外国人観光客が多いですね〜。   かつて行った京都の外国人観光客の多さとまでは言いませんが、金沢も確実に外国人観光客が増えてるのを実感してます。   ちょうど1年半前に金沢に来た時はこんなに外国人観光客はいませんでしたもんね。   それだけ魅力的な街であるという証なのでしょうけどね。   さてさて。その後、駅改札を出て東口に出たんです。   そしたらこんな立派なオブジェで象られた金沢駅正面玄関に出ました。   その向こうに見えるのは鳥居をあしらったオブジェでしょうかね。 近代的なガラス張りの建築物に大きな木製の鳥居の組み合わせ。   なんとも雄大で素敵じゃないですか。   一瞬アンバランスのようにも感じられる組み合わせなのですが、そこに居合わせると意外と落ち着くんですよね。   よく考え込まれたデザインです。  
東口正面出口のバス停から香林坊方面のバスに乗ること10分。   到着したのがこちら。  
ホテルトラスティ金沢香林坊   そうです、今回の出張中3泊4日でお世話になるホテルがここという訳です。   金沢市内でもっとも賑わっていると言っても過言ではない香林坊地区にあるまだまだ新しいホテル。   聞いた話によると、2013年にオープンしたばかりと言うじゃないですか。それはそれは綺麗なわけですよ。   ロビーは和風と洋風を織り交ぜ、ハイセンスな空間を醸し出してました。異国の地においても、外国人宿泊客らにとっては、居心地の良い安心感の中に更に日本を感じられるコンセプトで喜ぶこと間違いなしでしょう。  
エントランスをくぐり、中に入るや、スタッフ全員が爽やかにそして大きな声でハキハキと挨拶を投げかけてくれるんです。   「いらっしゃいませ〜、こんにちは。」   未だかつて、ホテルでこんなに気持ちいい出迎えの挨拶を受けたことがありませんでした。   心の底からもてなしてくれる挨拶に、スタッフ一人一人がホスピタリティの重要性をよく理解してることが窺えました。   エレベーターホールもハイセンスでgood。   これまたオブジェが素敵ですね〜。細部まで手抜きをせず、拘りを貫いてるのがよくわかります。  
ロビーにはカフェがありました。   そのカフェは、サンジェリゼ通りのカフェを彷彿とさせるオープンカフェが併設されており、雰囲気がよくて素敵でした。  
宿泊したのはこちら。禁煙シングルの部屋。   部屋は広いし、配しているインテリアもやはり細部にまで拘っていて居心地が良い。  
この禁煙シングル1泊が10,000万円で宿泊できるんですからコスパは最高ってもんです。   この価格でこの居住性。アメニティグッズもおしゃれだしインテリアもイカしてる。トラスティにはもう完全に虜です。   これからも旅や出張の際にはホテルトラスティをガンガン使っていこうと決め込みました。   ホテルトラスティを、皆様も是非チェックしてみてください。    
sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事