sponsor link
注目!
【ロシアW杯】絶対に負けられない中東アウェイ イラク戦は1-1のドロー【アジア最終予選】
By: MIXTRIBE
sponnsor link

 

こんにちは。

ファイナンシャルプランナー兼フリーライターの中村イオラです。

 

ロシアW杯アジア最終予選もいよいよ佳境に入ってきました。

1試合少ない状態でグループ首位タイに付けている日本ではありますが、一歩間違えれば奈落の底に叩き落される懸念があるのも確か。気が抜けない戦いが続きます。

しかし。

このアウェイのイラク戦を引き分け以上で乗り越えることが出来れば、W杯出場に大きく前進するわけで、追い掛けてくる豪州やサウジに引導を渡すこともできる大事な一戦になるとも言える。

とにかく大事な大事な一戦だったと言うわけです。

大一番を前に、香川、長友、山口蛍らのケガの情報が飛び込んできて、一抹の不安があったのは事実ですが、層が厚い日本代表にあってはそこまで心配はいらないのかなぁ、とは思ってました。

しかし...。

その話は後ほどということで。

 

ひとまずハリルホジッチ監督は以下のような陣容でゲームに臨んできました。

ダブルボランチが急造で少し心配ですが、勢いのある若手の成長株の井手口と堅実なプレーと冷静な判断力に定評がある遠藤なら問題なくこなしてくれると思っておりました。

欧州で結果を出している久保、大迫あたりの得点力にも期待がかかります。

最終ラインの昌子も若いがJで揉まれ、経験も十分積んでいるので問題ないとは思っていたが...。

そんでたった今ゲームが終わりました。

結果は以下の通り。


立ち上がり、テンポよくパスを廻し、相手陣内に攻め入る場面を多く作っていい感じ。

そんないい時間帯に早速ゲームが動く。

前半8分、本田のCKを頭でズドン!

 

大迫ーーーーーーー!!!!

 

ハンパなさすぎ!!

この先制点はデカイですよ。前半のうちにもう一点獲ったら完全にこのゲームを優位に進められる!

日本のゲームプラン通りに事が進むと思っていたのですがそんなに甘くないのが中東アウェイの戦いなんですよね。

こんなクソジャッジもその一環ですが...。

これには軽く殺意を覚えましたが、レフェリーの国籍を調べたらちょっと納得しちゃいました。笑

このプレーがPKの判定に繋がっていれば完全に日本の勝利が濃厚だったと言えたのに...。

試合を台無しにしてくれるレベルの低いレフェリーの存在もアジアの戦いって感じですよね。

 

追加点を重ねられないでいるうちに次第にペースはイラクに傾く。前半も終盤に差し掛かってくると完全に日本の足は止まり、イラクペースに。セカンドボールは拾えないわ、球際では勝てないときてる。

無理もないですよ。標高1,200mの会場の温度は37.4℃だっていうんだから。

そんな中でも適当に誤魔化して失点せずに前半を折り返せたのはゲームプラン通りだったと思われます。

 

ところがですよ。後半はそれこそ防戦一方。

球際で勝てず、セカンドボールも拾えずクリアが精一杯。

井手口、酒井宏樹、久保と怪我人まで続出する始末で交代カードのプランは完全に崩れ去った。後手後手の交代策しか取れずゲームプランが崩れて厳しい戦いを強いられたと言わざるを得ない。

疲れが見えた後半の日本にイラクが猛然と襲いかかる。

猛攻を耐え忍んでいたものの、GK川島とDF吉田のまさかのお見合い。ミスを突かれゴールを奪われ同点に追いつかれてしまう。

あー、恐れていた事が起こってしまいましたなぁ。

やはりアジア最終予選は怖いっすね〜。

そんで同点のまま結局ゲーム終了と。

 

アウェイで勝ち点1を拾い、W杯出場に王手を掛けたと喜んでばかりもいられない。

勝ち点3を獲って残り試合の豪州、サウジ戦に、「引き分けでもOK」の戦い方の選択肢を失ってしまった事が何よりもったいなかった。

とにかく次のホーム豪州戦は勝ちに拘ってW杯出場を決めて頂きたいものである。

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事