sponsor link
注目!
By: youngelectricpop
sponnsor link

 

こんばんは。

へっぽこフリーライターで百田夏菜子推しのモノノフの中村イオラです。

 

ももクリに一日参戦してからというもの、次の現場が決まっていなくて焦りまくってます。

だって、「バレイべ」も見事に叩き落とされたし、現場に行く機会がホント無いんですもん。

ここのところ、全然ファンクラブ会員枠でのチケットが当たらなくなった気がする。

 

なんで??

 

送金流しばかりしたからでしょうか...。

 

さて、それはさておきですよ。

そのももクロについてなんですが、今日は容赦なく自分の心の内を語らせていただこうと思ってます。

 

最近のももクロ、ぶっちゃけ...、不満です!!!!

Shivmirthyu / Pixabay

ライブ参戦できてなく、ただ単に俺だけの満足度が下がったから、という理由だけではありません。

 

なんというか...、最近、運営が雑なような気がするんですよね。

しかも攻めてないし。

攻めたと思ったら、

 

「アメリカ横断ウルトラライブ」

466654 / Pixabay

みたいな、思い切り「これじゃない感」の企画だったりするしね。

誰もそんなの望んでないんですが。

 

国立ライブも終わり、NHKの紅白歌合戦からも卒業した。ネタ切れ感があるのはわかるけど、そもそも、ももクロから“攻め”を取ったら何が残るのかと。

確かに猛烈に売れて、そこまでがむしゃらにやらなくて良くなったのかもしれない。

でもね、我々は彼女らのそういう純粋ながむしゃらさに惚れ込んでたわけですよ。

それがなくなったらなんの魅力もないグループに一気に転落しちゃうという危機感はないのでしょうか。現に、ベビメタや欅坂にガッツリ持っていかれてるじゃないですか。

このままで平気なの?

 

ポイントはマネージャーの川上さんだと思うんですよね。

 

川上さんが3Bジュニアを担当してからももクロが疎かになったように感じる。

片手間でやってるように思うし、手間掛けなくなった気もするし、仕掛けに奥深さがなくなった。なんかこう、仕掛けがチャチくなっちゃった気がするんですよね。

 

川上さん、これでいいの?このままでいいんですか、本当に??

川上さんに言っても会社方針だから仕方ないんでしょうけどね...。

 

妹分も大事なのはわかりますけどね、ももクロが輝いてるからこその妹分なんじゃありません??

謙虚な気持ちを持って、もう一度ももクロを再生させてみてくださいよ。

 

そもそも運営が雑だと感じたのは、昨年末に開催された「ももいろクリスマス2016」かな。

幕張メッセで開催するのは、昨今の会場不足も理解しているのでそれはそれでいいですよ。

ただね、会場内の柱ぐらいはコンクリートむき出しにしないで、何か装飾して欲しかった。。。

markusspiske / Pixabay

アイドルのライブとして、ファンは非現実的な世界に誘って欲しいわけで、あのコンクリートむき出しでは日常そのものですよ。いくら常夏のクリスマスを演出しててもあのコンクリート柱で台無しですって。

 

ももクロの運営がそういう細かなところへの気配りが出来なくなったように思うのは俺だけですか?

なんていうかすべてにおいて雑というか...。

ホント残念に思います。

 

このままライブ現場にも行けないのが続くようじゃ、他界も現実味を帯びてきちゃいますよ...。

いま一度原点に帰ってくれって。お願いですから。

 

俺にとっての「ももロス」とは、ももクロが原点を忘れ去り、俺らを置いてきぼりにしていくことに他なりません。

どこまでも付いていきたいのが本音であり、どこまでも付いていかせて欲しいのです。

しかし、原点を見失い、シラけさせられたら付いて行けなくなりますって...。

 

ももクロの原点ってなんですか?

 

これを常にしっかり考えていてもらいたいものです。

よろしくお願い致します。

[amazonjs asin="B01N9EVK4B" locale="JP" title="【早期購入特典あり】ももいろクローバーZ 桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~ LIVE Blu-ray(“桃神祭2016~鬼ヶ島~"特製お面付)"] [amazonjs asin="B01KLCZRNQ" locale="JP" title="MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け" Blu-ray BOX"]

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ

sponsor link

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事