本場横浜の家系ラーメンを堪能してきたので紹介しておく。

こんにちは。フリーライターの中村イオラです。

先日、『ももクロライブ 桃神祭・鬼ヶ島』に参戦しに横浜遠征したんです。

桃神祭のレポはまた改めて行うとして、今日は遠征時に食べた本場横浜の家系ラーメン「ゴル家」のレポを行いたいと思います。

場所は桜木町駅から歩いて5分ほどのところ。派手派手しく豪快な看板が掛かったお店を発見できます。

店内に入るとスタッフが厨房に一人、ホールに一人いました。ランチ時でありながら前客は7人ほどということであまり混雑しておらず忙しそうにはしていませんでした。

店内は家系ラーメン店にしては清潔で交換がもてます。床のぬるつきなども見受けられないところをみると、デカい寸胴で豚骨を煮立てているわけではないのかな…?と思ったり..。スープの仕込みは違う店舗などでやってるのでしょうかね。

お店に入ってすぐの左側のところにタッチパネル式の券売機があり、それで「チャーシューメン 」の食券を購入。店員にそれを渡しカウンターに座って待ちます。

待つこと10分。いよいよ着丼です。

店名からして、ダイナミックな家系ラーメンを予想をしていたのですが、予想を裏切られました。それはそれはとても綺麗な盛りでまとまった感じの美しい家系ラーメンという感じでしたね。女性向けの家系ラーメン店なのではないかと疑うほど美しいんです。

早速一口スープを口に含んでみます。

うん、コクがあって濃厚で深い味わいで美味い!粘度も丁度良いんじゃないでしょうか。もし本当にスープの仕込みをここでしてないとしたら驚きですね。これだけ美味いスープならば、何度でも来たいと思うお店であるのは間違いないです。

麺もコシがありながらよく麺と絡んで素晴らしかったと思いますね。コリコリとした麺になればなるほどスープと麺の調和が崩れ、味が単体になってしまいがちなところを上手にまとめてました。

チャーシューは程よい厚みの肉が5枚入ってました。絶妙な硬さの食べ応えのある肉は、これまたこのラーメンによく合っていました。

ゴル家の評価として、全体的なバランスが良く、調和が取れているところでしょうかね。これを強みにして横浜でも指折りの家系ラーメン店に成り上がってほしいものです。

課題は名前の割にはおとなしすぎる感が否めないところでしょうか。男性にとっては少しもの足りなく映るかもしれません。

女性からは、イカツイ名前の店名と豪快な看板で入りにくい印象を持たれるかもしれません。

食べてしまえば非常に美味いラーメンなのでまずはスタートラインに立って欲しいものですけどね。イカツイ豪快な店名と看板が女性客を敬遠させてなければいいのですが…。

桜木町に行っらまた立ち寄ります。

では今日はこの辺で。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像認証です。