【リオ五輪】卓球女子団体、銅メダル獲得おめでとう!【卓球女子団体】

こんばんは。フリーライターの中村イオラです。

 

リオ五輪の熱戦が続けば続くほど、私の寝不足も続いていきます。

いま、卓球女子の3位決定戦で日本はシンガポールと対戦してます。

第一シングルは福原。試合はフルセットの末、善戦及ばず落とす苦しい立ち上がりとなります。それにしても福原はフルセット行くとまず勝てなですね。やはりメンタルや精神力が弱いんだと思いました。

第2シングルはエースの石川。石川の戦いっぷりは貫禄というか凄みがありましたね。あっという間に3ゲーム連取して試合を決めました。メダルに対する執念みたいなものを感じました。

 

ダブルスは福原と伊藤のコンビ。15歳の伊藤を引っ張る福原は頼りになるお姉さん的存在で存在感を出してましたね。それもあってか調子は試合が進むにつれて調子が上がっていき、結局は試合をものにしちゃいました。団体戦でダブルスを取るのは非常に大きな意味合いがあるものなので、フルセットで軒並み試合を落としてきた福原にとっても、15歳の伊藤にとっても大きな自信繋がる1勝になったんじゃないかな。

第3シングルは伊藤。

大胆不敵に攻めの卓球を展開。立ち上がりこそ動きが硬かったが、試合が進むにつれて速い展開に持ち込んだ伊藤。相手は伊藤のプレーに付いていけずミスを連発。2ゲームを先取し、銅メダルまでいよいよ1セットまで来ました。

3セット目はまさに圧巻。これが15歳なのか、と驚かされるプレーぶりで終始相手を圧倒。そして見事銅メダルを獲得しました。

まだまだ若い選手が後を控えてる将来明るい卓球日本。東京五輪も多いに期待できると思われ。

男子も女子も団体戦でのメダル獲得は、東京五輪に繋がる素晴らしい成果だったと言える。

これからも楽しみですね〜、卓球日本は。

おめでと〜〜!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像認証です。