ももクロのオススメライブDVDを聞かれて『春西武』、と答える俺は変わり者か。

こんにちは。へっぽこフリーライターの中村イオラです。

週末の昼下がり、皆様におかれましてはいかがお過ごしですか?

俺?この通りブログ更新するぐらい暇こいてますよ(笑)。

まだまだ暇ぶっこく予定なので、この先何をしようか検討中なのであります。

 

とりあえずは『ももクロのライブDVD』鑑賞でもしようかな、なんて思っちゃったりもしてます。

 

…、とその前に。

ももクロのライブDVDを観るにあたり、いつも、

「どのライブのものを観ようかなぁ〜」

なんて若干悩んでみたりするんです。数ある名ライブのものの中から決める訳なので、なかなか決めかねるのが鉄板なんですね。

  1. 極楽門
  2. ももクリ2011
  3. 横アリ2days
  4. 国立2days
  5. ….

どれ見ても素晴らしいのはわかってる。わかってるが故に決められなかったりするんですよ。

そんな時に決まって観るものが

 

『春西武』

 

 

このチョイスをする人は珍しんじゃないかな、と思うとついついキョロキョロしちゃいます。なぜ俺がこのライブをチョイスするのかというと、

「現場初参戦」のライブで強く印象に残っているから。

ただただそれだけの理由…。いえいえ、それだけじゃないですって。

セットはめっちゃクールで豪華なものに仕上がっていたし、ももクロ初の生バンドということで心に深く刻まれてるライブなんですよね。しかも4時間30分の長丁場。それでも間延びすることなく、とても満足のいくステージを見せてくれたと思うのです。

特に印象的だったのが、オープニング。DJサウンドの中、もクロちゃんが真上から威風堂々とエレベーターでゆっくり降りてきた時は鳥肌ものでした。池谷直樹のサムライロックオーケストラも初参戦だったけど、ステージを華やかにするのに一役買っててそれもまた良かったと思う。

ただ、音響がね..、ちょっと残念だったかなってとこぐらいですかね、不満点は。

 

『春西武』好きの人がいるってことをあまり聞いたことがないので、「俺って特殊なのかな〜」、と考えたりもするけど、ももクロのライブの中でもクールさではNO.1だと自身を持って主張できるんです。

俺は芸人じゃないけど、アメトークの『ももクロ好き芸人』に出演できるのなら、迷わずにこのことを声高に訴えたいと思うかな。それぐらいにクールももクロを見ることができるのです。

 

つまり結論としては、数ある名作ライブDVDの中でも、モノノフとしての原点に還れるライブDVDという意味でも、ライブのクールさという着眼点で語り尽せるという意味でも素晴らしいものなので、観るのに迷った時は『春西武』を観るようにしているという話なんです。

極楽門やももクリ2011に匹敵するとまでは言わないまでも、十分にオススメのライブDVDとも言えます。

 

まだ観てない方はまずご覧くださいな。

何度か観ている方は、ちょっと着眼点を変えてご覧下さいまし。

きっと、ももクロちゃんの新たな魅力に気付くこと間違いなしです。

それでは、バイなら。


人気ブログランキングへ

ブロトピ:今日のブログ更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像認証です。