吉祥寺のつけ麺店と言えばここ!『つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店』。

どもっ。

へっぽこフリーライターでつけ麺大好きな中村イオラ(@504_479)です。

 

先日所用で吉祥寺に立ち寄ったんです。

吉祥寺に行ったからには美味いラーメンを食さなければ気が済まないと、いつものルーティーンを開始。

ラーメンデータベースでラーメン店をリサーチしてみる。

まぁ、吉祥寺の場合は、リサーチするまでもなくだいたい行くところは決まっているんですけどね。

家系ラーメン店の『洞くつ家』か『つけ麺 えん寺』…。

その日は『横浜家系ラーメン 洞くつ家』が定休日だったため、当然のごとく『つけ麺えん寺』の一択となりました。

 

『つけ麺 えん寺 吉祥寺総本店』

お昼時真っ只中であったものの、待ちはなし。すぐに店内に入れて、券売機で食券を買えて着席できました。

店内はコの字カウンター席で13席ほどだったでしょうか。さほど広くはない店内でしたが、居心地が非常に良かった。薄暗い中にも程よい照明があり、それが癒しの効果に繋がっていたのかもしれませんね。

さて食券を渡し待つこと15分。いよいよ着丼です。

ベジポタ肉入りつけ麺大盛り 1,050円

麺は、食券を渡すときに「極太胚芽麺」「極太もちもち麺」「国産小麦太麺」の3種の中から選択。この日もいつも選択している「極太胚芽麺」を注文。

着丼するや、「極太胚芽麺」の甘い香りがほんのりと漂ってきます。毎度のことながら、この香りは食欲を誘ってくれますね〜。

 

早速えん寺ご自慢のこの麺をつけ汁に浸し、一口頬張ってみるとする。

うんま〜〜〜〜。

相変わらず安定してますね〜。えん寺の個性が全面に出てるこのつけ麺はホント絶品です。

 

まずは麺。

極太胚芽麺はこのつけ汁との相性が抜群であることは以前からなんら変わらない。国産小麦を使ったストレート麺は、噛むとほんのり甘みが滲み出てくるこの麺に、重厚感ある複雑かつ絶妙な出汁のつけ汁の甘みが合わさり、なんとも言えない最高な舌触りのつけ麺が出来上がるんですよね。この飽きがこない舌触りこそが、この麺の素晴らしさなんだと思いました。

 

つけ汁

つけ汁は、ZATSU氏に言わせれば、豚骨などの動物系白湯スープに魚介を合わせ、更に野菜ペーストをたっぷり合わせた醤油味。

ネバネバドロリとしたつけ汁は、食べ終わる頃には全てなくなる勢い。それだけ麺によく絡むつけ汁であることがわかります。調子こいて、ものすごい勢いで食べていくと割りスープができなくなるので要注意です。

これだけの粘度のある濃厚スープなだけに、重たい味わいかと思いきや、意外や意外、あっさりしてたりするんです。このギャップがたまりません。

 

チャーシューの味わいも悪くないですね〜。

ホロホロと食べやすく程よく煮込まれたチャーシューも、非常に甘くて美味しい。しかし前に比べて少し薄切りになってしまったかな…。前は厚切りだったんですがこの日のはもはやスライスでの提供。これだけは少しガッカリしましたね。まぁ、それを差し引いても十分美味いから気にならない些細なことだったりするんですけどね。

やはり美味いって正義です(笑)。

 

吉祥寺に立ち寄ったときには、是非ともチェックしたいお店であることは間違いありません。

おすすめ店ですのであなたも立ち寄ってみてはいかがでしょ。

つけ麺の常識が変わるかもしれませんよ。

 

つけ麺 えん寺

住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-1 南陽ビル1F

電話:0422-44-5303

営業時間:11:00~16:00/17:30~22:00、土・日・祝11:00~22:00

定休日:年中無休

席数:12席

タバコ:禁煙

駐車場:なし

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ