【久米川商店】商店系の家系ラーメンの実力をみに東村山まで行ってきた。【家系ラーメン】

こんにちは。フリーライターの中村イオラです。

家系ラーメン好きの俺から言わせれば、多摩地区は確かに広大ではあるけれど、まだまだ横浜家系ラーメン店の数は少なすぎると思っていたりするんです。もっと普及スピードが倍速して増してってもいいのではないかと思うのは、家系ラーメンフリークだからこそでしょうか。

そんな多摩西部地区の家系ラーメン事情を垣間見ようと、まずは東村山市は久米川にある『久米川商店』なるお店に突撃を掛けに行ってきたのでした。

 

久米川商店

IMG_0681

駅から徒歩5分ほどの青梅街道沿いにある店舗。街道沿いの店舗とあって、店舗の裏には10台分ほどの駐車スペースが完備されてました。

入店し、真正面に券売機が待ち構えています。

よーく見ないとどれを買っていいか迷うタイプの券売機。後ろに人が並んでいたりするとプレッシャーを感じるので要注意です。
食券を渡し、「硬め濃いめ多め」で注文をいれました。
そして待つこと5分。
着丼キターーー!!

チャーシューメン 大盛り 1,030円

IMG_0684

着丼するや、家系独特の甘〜い良い匂いが漂ってきました。

匂いだけを嗅ぐにつけ、「これは早く食べたいと思わせる一品に違いない!」と確信を持ったんであります。

早速レンゲにスープをすくって口の中に放り込みました。

ん、んみゃーーーーー!!!!

家系の甘味がしっかり出たスープはコクがあって美味しい。ただ濃いめにしたこともあってか、若干辛かったですが、それでも飲めるスープであることに間違いはありませんでした。

脂は少しクセが強すぎたかな。今度注文入れる時は脂を普通にすれば解決できそうな問題なので深刻なものではないでしょう。

さあ、次は麺行ってみよう!

どれどれ、、、。うん、コリコリしててこれまた良いじゃないの!硬めの注文を入れたらこれぐらい歯ごたえのある方が良いですな。

他の家系ラーメン店によっては、硬めの注文入れてるのにまったく硬くないところとか普通にありますもんね。

これだけメリハリ付けて麺の固さを茹でられていることに好感が持てました。

 

チャーシューは結構厚いもの5枚投入されている。丁度良い硬さに煮込まれ、味付けもしょっぱすぎずな感じで非常に食べやすかったですね。

海苔も味付け海苔じゃなくて一安心でした。

 

商店系の家系ラーメン店ということで、スープの仕込みはやはりセントラルキッチン方式を採用しているのでしょうかね。

そのあたり、真意はよくわかりませんが、美味ければなんでもいいんです。

 

ということで久米川商店もさすがは町田商店系列のお店だけあってなかなかの実力を見せてくれたと思います。美味いラーメンを提供してもらってお腹を十分満足させて頂いたことに感謝。

また行きますんでよろしくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像認証です。