果たして先発起用に応えられたのか?両若手WBで好調横浜撃沈に臨みました。。

どもっ!

へっぽこフリーライターでありながら社畜全快の中村イオラ(@504_479)です。

 

前節、いつもの通り、浦和に返り討ちにされた我がFC東京。

今節は好調の横浜Fマリノスとの対戦。

今シーズンもキレッキレの齋藤学が攻撃陣を引っ張り、堅実に勝ち点を積み上げて上位進出を果たしている横浜との一戦は、一筋縄には行かない戦いになるだろうなぁ〜、とは思っていたんです。

どうせ“いい人東京”を発揮して、今シーズンノーゴールの齋藤学あたりに得点されて負けんじゃねーの…、と思っていたゲーム前。

さて、近所の祭りで観に行けなかったこのゲームの行方やいかに。

前節の浦和戦でぶっ壊れた室屋の代わりに誰がWBに入るのか、という点と移籍が決まっている中島翔哉のラストゲームでの活躍に注目が集まります。

注目のスタメンは以下の通り。

両ウイングバックにまさかの小川と柳〜〜〜〜!!!!

誰もが思わず目をパチクリさせても無理はないっす。

今日J3の試合も行われてるわけで、そっちに出るんじゃないの?、とついつい思わせる若手二人の起用だもん。

好調横浜相手に玉砕覚悟のこの挑発的な先発起用は俺は嫌いじゃないぜよ(笑)。

そんな若手二人は、期待に応える活躍を見せ、我がFC東京に勝利をもたらすことはできたのでしょうか。

 

楽しい楽しい近所の祭りから帰ってきて、いの一番に試合結果を確認すると…。

はい、順当な負け〜。

まぁ想定の範囲内ですわ。

相手は4試合無失点を続けている鉄壁DF陣を擁する横浜。高萩のGKとの1対1を外したシュートや中島翔哉のバーを叩く惜しいループシュートがあったとはいえ、そりゃそう簡単には得点は奪えないっすよね。

得点を奪えないってことは勝てないことを意味しているわけで…。

そして案の定約束したかのように負けると。

柳や小川が頑張っていた様なので勝たせてやりたかったなぁ〜。

 

それにしても横浜の1-0で逃げ切るこのスタイル、まさにかつてのマッシモ東京ですわ。

懐かしいなぁ〜、マッシモ東京…。今日対戦した横浜の様に、スタイルが確立されてるサッカーが羨ましいです。

今のうちってサッカーの形がなんもないんですもん。シーズンも後半に差し掛かっているのにまだ形を模索してる。どうすんのこれ??

 

幾度とないチャンスをモノにできなかった攻撃陣の不甲斐なさもあるけど、いまだにチームの形を作れないでいる監督の責任も重いでしょ。チーム同様結果を出せずじまいのフロントにもそろそろなんらかの英断を迫りたい。

明日の練習も無くなったようだが、これは何かの兆候か?

もしや監督解任?

だとしたら今日の敗北は無駄になってないかもしれない。

とにかくどんな時も敗北をプラスに変えてくれ。もう今はそれしか望まないからさ。

 

次の監督はアギーレあたりを連れて来てくれるのか??

…ってルヴァン杯準々決勝も残ってるしさすがに解任はないか…。

 

もうね、ルヴァン杯の結果なんかどうでもいいからとにかく監督を変えてよ。頼むって。

消化試合を未来のない監督と共に戦わなきゃいけないのがどんなに無駄なことか。来季に向けて新しい監督をいち早く招いてチーム作りをした方がいい様に思うのは俺だけか?

俺もさすがに我慢の限界だ。ストレス抱えすぎて禿げ上がりそうなんだぞ!

俺が禿げたらその責任も合わせて取ってくれよな、能無しフロントが!!

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ