東京ドロンパと中島翔哉の海外進出を素直に喜べないワケ。

どもっ!

へっぽこフリーライターでFC東京サポーターの中村イオラ(@504_479)です。

 

ここ最近のFC東京。下位クラブ相手とはいえ、目下2連勝中で調子乗りまくりです。

シーズン前に「優勝争いをし、ACL出場」を目標にしてたことを忘れないで頂きたい、と苦言を呈したいところだが、北朝鮮じゃないけど、ひとまず様子見ておくものとする。

2連勝でわっしょいわっしょいしてる陰で、なんだか色々なことがありましたね。

矢島輝一選手(中央大学)来季新加入内定のお知らせ | F.C.TOKYO
このたびFC東京では、矢島輝一選手(中央大学)の来季新加入を内定いたしましたので、お知らせいたします。なおプロフィールは下記のとおりです。 【矢島 輝一(やじま・き...

矢島の来期加入が決まりましたね〜。おかえり〜、といったところでしたな。

クソ熱い加入コメントからもわかるように、彼の熱狂的なクラブ愛が大好きなのでとことん応援して行きたいね。

怪我でどうなるかと思ったけど、加入オファーを出したフロントはグッジョブだったわ。この点は褒めて差し上げたい。彼は必ずやクラブに貢献してくれる人材だと思うので、期待していきたい。

次の話題がこれ。今度は抜けるかもしれない話ね。

FC東京MF中島 ポルトガル1部からオファー!条件次第で期限付き移籍へ(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
ポルトガル1部ポルティモネンセがFC東京のリオデジャネイロ五輪代表MF中島翔哉( - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

 

出典:Jリーグ

阿部拓馬、河野広貴…と、ここのポジションの選手がどんどん抜けていってるから選手層的に心配ではある。

確かに大久保の加入などもあって、少しダブつき気味のポジションではあったけど、中島翔哉は、先発としても交代カードとしても、アクセントを付けられる選手として完全に戦力になっていたから抜けられると痛い。

まぁ、海外移籍できるのも若いうちだけだから、挑戦しに出て行かれるのも仕方ないことだけどね。

むしろ挑戦しないような選手だったら、うちにいらないかもしれん。向上心があるということで気持ちの整理を図ろうと思う。

そりゃね、巻き返しを図ろうと躍起になってる今だからこそ抜けられるのは痛いのが本音なんですよ。

でも海外移籍は別かなと…。出て行く選手を責めるのはお門違いな訳で…。

でもこのやりきれない気持ちはどこかにぶつけないと気が済まないんです。…と言うわけで、出て行かれるような選手構成ばかり組んでる立石GMには怒りをぶつけてみる…。中島翔哉が出て行くんじゃなくて、立石GMが出て行けばよかったのに…。そしたら中島翔哉の海外移籍をとことん推せたのかもね(笑)

こうなったら来期は、C大阪に期限付き移籍して大活躍してる水沼を呼び戻すしかない。プレースタイルは違うけど、成長した姿を東京で見せて頂けたらレンタル移籍が成功だったってことでそれはそれでいいでしょ。

今の水沼宏太とか見てたら、これで片道切符だったら逆に怒りを覚えるけどね。それこそGM、何してんのよ!!…、と。

 

さて、最後にこれです。これまた海外進出ネタ。

精力的活動実った?FC東京マスコット「東京ドロンパ」が“英国進出”(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
FC東京の公式マスコットである「東京ドロンパ」が“英国進出”を果たした。このほど発 - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

 

なんだかFC東京のマスコットキャラクターが遠く英国で有名になってるらしい。

今となってはなんの疑問もなくマスコットとして受け入れられている東京ドロンパだけど、当時、マスコットキャラクター採用自体を反対してたサポーターも多かったのを思い出しますな。

「スタジアムにマスコットキャラクターは合わない。」

とか、

「クラブが安っぽくなる。」

とか言う声が上がってたと記憶してる。

そんな俺も、

イオラ
マスコットキャラクター?弱く見えるから絶対反対。表に出して行くのはエンブレムだけにしてくれ。

と言ってたっけな。

今となってはすっかり慣れ切っちゃってどうとも思わなくなったけどね。

でもどこかで、東京ドロンパがデカデカと描かれたバモバスとかを見てると、今でも心地よく見ているとはいえないかもね…。幼稚園バスじゃないんだからさ…。

出典:フォト蔵

そんなこんなで東京ドロンパグッズは一つも持ってません。

まぁ、海外進出できてよかったんじゃないですか、ぐらいの感覚です、はい。

 

とにかく東京のセクシーフットボールで世界を席巻してほしいんですよ、俺は。

クラブマスコットで有名になるんでなくてね(毒)。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ