【奥原希望】リオ五輪を戦っているいま、日本バドミントンチームが熱い。【山口茜】

こんにちは。フリーライターの中村イオラです。

ただいま夕方の17時前。

毎日毎日、五輪中継を夜遅くまでTV観戦しているものですから、今更もの凄い睡魔に襲われています。正直辛いんですけどね、4年に一度のビッグイベントでもあるし、期間限定ものなので心折れることなく見届けようと思っております。

 

さて、リオ五輪における日本のメダルラッシュが連日TVや新聞を賑やかしておりますが、まだまだ期待できる種目が残っております。レスリングやテコンドーなんかは期待持てますね。

しかし、実はこれだけじゃないんですよ。

ここ数年、もの凄い進化を遂げ、すっかり強豪国の仲間入りした感のある日本バトミントンチームですが、リオ五輪でもその快進撃が止まりません。

殆どの種目で決勝トーナメントに進出し、準々決勝を戦っていました。

女子ダブルスの高橋・松友は準決勝に進出を決め、メダル獲得まであと1勝というところまできました。しかし彼女達の最終目標はあくまで金メダルなので、もっともっと欲を持って戦って頂きたいものですね。

そして日本時間の今夜。なんと女子シングルスでは日本人選手同士が準々決勝で対戦するというのだからこれまた歴史的な試合になりそうですね。

かつて天才少女と呼ばれた同士の対決は非常に楽しみです。

奥原希望山口茜

プレースタイルが全く異なるこの二人の対戦がいまから楽しみでなりません。

 

というわけで、早く風呂入って家事済ませてTVの前を陣取ろうと思います。

ではでは。

コメントを残す