【世界水泳】大橋悠依が銀メダル獲得!一方で池江璃花子が結果を出せないでいるのが心配です。【ブタペスト】

チワッス。フリーライターでFPの中村イオラ(@504_479)です。

ハンガリーのブタペストで開催されている世界水泳。

やりましたね、大橋おめでとう!!

女子200m個人メドレーで銀メダル獲得!!!!

大橋悠依が銀メダル/世界水泳デイリーダイジェスト - スポーツ : 日刊スポーツ
21歳で初出場の大橋悠依(東洋大)が競泳女子200メートル個人メドレーで2分7秒91の日本新記録を樹立して2位に入り、今大会の競泳で日本勢最初のメダルを獲得...

レースも見ましたが、8レーンを泳ぐ選手とは思えないほどの圧巻の泳ぎでしたね。

世界王者で五輪3冠の地元ハンガリーのホッスーに次ぐ2位でフィニッシュ。見事銀メダルを獲得しました。

tpsdave / Pixabay

いっやぁ〜、大橋、強いですね。スケールの大きいしなやかな泳ぎ、世界の中でも堂々と泳ぎ切れる精神力の強さ、存在感はあっぱれです。

それだけではありません。彼女のポテンシャルに惚れ惚れさせられるんですよね。

彼女を見ていると、伸び代がまだまだあることを感じさせ、東京五輪への期待値を膨らませてくれるんです。

もっともっと世界での経験積んで自信を付け、勢いのままに東京五輪でも勝ち抜いて欲しいものです。

それに引き換え心配なのが池江璃花子ですよ。

池江6位に涙止まらない「自己ベストも出ず悔しい」 - 水泳 : 日刊スポーツ
【ブダペスト=益田一弘】池江璃花子(17=ルネサンス亀戸)が、世界大会で初めてのメダルを逃した。女子100メートルバタフライ決勝は57秒08で6位にとどまっ...

マスコミからの注目度や国民からの知名度も池江の右に出るものはいない。

そんな水泳エリートの池江は世界大会での経験値は大橋よりもずっと上。にも関わらず、世界ではまったく結果が付いてこないでいるのは何故なのか。

国内で無敵を誇る池江も、世界ではまるで借りて来た猫のよう…。

Seo_dae-il / Pixabay

世界で勝つという扉をこじ開けるだけの力が無いのか、実力はあるものの世界大会に縁がない選手なのか…。

このまま埋もれて終わってしまうのではないか、くすぶって終わってしまうのではないかと心配でなりません。

 

今大会では、世界的にも特に若い選手が大活躍している。

池江も若いと言われているが、世界のメダリストも同年代な訳で、そろそろ結果を出していかなければ、世界では結果を出すことのできなかった選手としてこのまま終わりを告げてしまう懸念だってあるのだ。

力的に、東京五輪出場がある程度約束された選手ではあるものの、そろそろ世界で勝つ経験を積んでいかないと、メダル獲得となると黄色信号である。

Didgeman / Pixabay

銀メダルを獲得した大橋が、まだまだ伸び代がある中で銀メダルを獲得したのとは対照的に、池江のこの先の伸び代が心配。

そんな俺の心配事を払拭する意味でも、世界水泳の残りのレースを五輪のレースだと思って、結果に拘って臨んで欲しいものである。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ