いま、炎上商法で有名な上西小百合議員がまたまた燃えている。

 

どもです。

フリーライターの中村イオラです。

相変わらずよく燃えますね〜、彼女

彼女とは、かつて日本維新の会所属、現在は無所属の国会議員の「上西小百合」議員のことである。

浦和とドルトムントとの親善試合をテレビ観戦した上西議員はこんなツイートをして世を騒がせている。

このツイートは浦和のみならず、すべてのサッカーファンをもバカにした無神経なものに他ならん。

なに、俺をもバカにしてんのか?

悪かったね〜、こんな生き様で。

なんならあんたの支持者に向かって(今となっては彼女を支持するもの好きはいないと思うが。笑)同じこと発してみろや、と言いたい。

 

そんなおり、我々サッカーファンの鬱憤を晴らす神々しいツイートを発した男がいた。

石川直宏(FC東京)

ナオ、神ってる!!!!

ナオのこのツイートのお陰でスッキリしたのは言うまでも無い。

我々の声を代弁してくれてホント感謝感謝である。

 

でもね、色々後から考えてみたわけですよ。

そう言えば炎上商法は彼女の常套手段なんだと。

国会議員としての延命措置の期間であるこの時期に、あえて炎上させて自分を売り込む。

次の選挙戦では勝てる見込みがないのは彼女が一番分かっているのだ。となればまだ職があるうちに炎上させて、次はタレントとしてやって行くために今のうちに種まきが必要なのではないか、と俺は感づいた。

 

やばっ、俺、利用されてる…。

 

こんな価値のない半人前議員に利用されているのが悔しいので、今後はシカトに徹します。

彼女に血税が払われていると思うとやりきれない面もあるが、それも任期までの我慢。タレントになってTVで観るようになったら即座にチャンネルを廻しますよ。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ