東京ラーメンストリートの『六厘舎』のつけ麺の美味さが超絶安定している件。

 

こんにちは。

へっぽこフリーライターでファイナンシャルプランナーの中村イオラです。

 

東京駅から新幹線で出掛ける時、必ずと言っていいほど立ち寄って行くところがあるのです。

それは、『東京ラーメンストリート』

東京駅の八重洲口方面の地下一階には、東京の有名ラーメン店が軒を連ねる一帯があるんです。

そこにあるつけ麺の有名店『六厘舎』に並んで食べるんですけど、これがまた絶品すぎて絶品すぎて。




今日は、そんな昇天しそうな美味さを誇る『六厘舎』のレポでもしたいと思います。

AM6:50から並び始めて前から2番目を確保。

自分の後ろにも、早朝の開店前にも関わらず、とてつもない行列ができていました。

やはりここの美味さを、自分同様に誰しもが認めているからなのでしょう。

そして待つこと50分。

AM7:30になりました。いよいよ待ちに待った開店時間を迎え、突撃をはかります。

まずは入り口をくぐり、左側すぐのところにある券売機で食券を購入しました。

食券を店員に手渡すと、カウンター席に招かれたので素直に座ります。

 

待つこと5分。

来ましたよ〜〜〜。着丼!!

味玉朝つけ麺 大盛り 830円

まずはスープをすすります。

うんメェ〜〜〜。濃厚魚介豚骨つけ汁の絶妙な味付けときたら最高です。

味に奥行きがありながら、まったく尖がってない。濃厚でありながら優しさがある味わいは、誰しもがクセになるのも頷けます。

ここの六厘舎、いわゆる駅ナカ店舗の位置づけになると思うんだけど、このハイクオリティのつけ汁を作れるのであれば、駅ナカとかもはや関係ないですね。

いっや〜、毎度のことですが度肝を抜かされますね。

 

さあ、次はです。

少し黒みがかったこの麺からは、小麦の良い香りがフワ〜ッと漂ってくるんです。

それだけで食い気を誘うんですが、これをあのめっちゃ美味い濃厚豚骨つけ汁に浸して食べると、美味さゲージが反則級に振り切れるんですよね。

麺もコシがあってつけ汁によく絡んで絶妙なバランス感を出していました。

麺だけ美味い、とか、つけ汁は合格みたいなお店って凄く多いと思うんですけど、六厘舎は麺とつけ汁両方が飛車角の如く存在感を出しまくってくるので恐ろしいまでの実力店であることが頷けます。

そしてチャーシューです。

このチャーシューがまた柔らかいにも関わらず、噛み応えのあるタイプのものでこれまた満足感を満たしてくれるんですよね。

チャーシューが冷たい、ということがあらゆるお店で見受けられるんですが、六厘舎のものはとても温かいので嬉しくなります。

つけ汁が最後まで温かい要因の一つにはこの温かくして提供してくれるチャーシューの存在があるからこそなんだと思いました。

薄味にも関わらず、しっかり味付けもされているので非常に美味い。つけ汁の味付けを邪魔しない程度の味付けなので、つけ汁に浸して頬張ると美味さ100倍になるんです。

味玉もよかったですね〜。

半熟があまり得意でない俺にとっては、中をしっかり固めて提供してくれるこの味玉は自分好みでよかったです。

 

何をとっても超一流って感じの『六厘舎』のつけ麺にはとにかく脱帽でした。

まあ毎度毎度のことなんですけどね。

 

俺の中で、この世で一番美味いつけ麺はここ『六厘舎』のものであるというのは間違い無いでしょう。

皆様にもとにかく一度でいいから食べて欲しいですね。後悔する様なことはまずないでしょう。

オススメです。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ