“上達の壁”もいずれは登り切ってみせる、とクライマーである俺はここに宣言します。

 

こんにちは。

へっぽこフリーライター兼へっぽこクライマーの中村イオラです。

 

身体中が痛ぇぇぇ〜〜〜…。

 

それでも今日も懲りずに行っちゃいましたよ、

クライミングジムに。

だって、早く上達したいんですもん。

 

昨日もジムに通い、ハードに練習したこともあって、左肩甲骨周囲の筋肉の痛みと両腕がパンパンに張っている状態。

そこまでしてジムに通って練習をしようというのは、ジムにいても恥ずかしくない程度の実力を早く身に付けたいと思っているからこそなんです。

初心者を早く脱し、憧れの眼差しを独り占めしたいという不純な動機なんです。

 

しかし甘くはなかった…。

今日もジムに行ったわけですけど、今日はとことんダメでしたね〜…。

左肩甲骨の周囲の筋の痛みがハンパなく、両腕が張った状態で力がまるっきり入らない。

そんな状態では、満足のいくトライも出来るわけもなく、初心者の課題を少しやって早めに切り上げちゃいました。

 

う〜ん…、壁にぶち当たってるなぁ〜。。。

 

いいね〜、この感じ。これこそがスポーツをやる、という感じですよね。

新たなスポーツをやって壁にぶち当たる。

そしてこの壁をぶち破りにかかると。

この苦悩に満ちた孤独な戦い、いいですよね〜。もはやスポーツの醍醐味です。

そもそも俺にとっての、クライミングにおける目の前にある壁とは何ぞや、ということになるわけですが、

ズバリ「オーバーハング」のウォールを攻略することです。

 

垂壁はもうすぐ卒業。次はいよいよオーバーハングというわけです。

 

ところが、オーバーハングでは、腕の筋力が弱いこともあって、体を支えきれないんですよね。

体が重いことも腕の筋力をいじめているのが明白なので、やはり体重を落とさないといけない。

今後は、炭水化物を少し控えた食事を意識していきます。

Security / Pixabay

でもね、今日ダメダメだったのは気にするのは止めようと思います。

疲れがもろに出てたわけで、そりゃ初心者がこんな悪コンディションではなかなか上手く登れるわけがないですよね。そんなに甘いもんじゃないですし。

まずはしっかり休息をとって次に備えるとしましょう。

 

え〜い、なんのこれしき。負けませんよ〜。

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ