東村山といえば武蔵野うどん。陰の名店『こせがわ』に突撃してきました。

 

こんにちは。

へっぽこライターの中村イオラです。

 

野暮用で東村山に行ったんですが、昼も過ぎ、あまりに腹が減ってきたので、昼食を摂ることにしたんです。

そこで。

東村山といえばやはり武蔵野うどんでしょ!!

ということで、早速ネットでどこの店ががいいかを検索したんです。

最も評価の高かった「きくや」にしようかと思ったんですが、今いるところから場所的に少し遠いことが判明。

今日のところは、アクセスが良い「こせがわ」に突撃を掛けることにしました。

 

手打ちうどん こせがわ

住宅街に身を潜めるかのように佇む、民家を改良したかのような店舗。

お店の前には駐車場が3台分用意されている。

駅から少し遠く、住宅街にあるお店。車で行きたいが駐車場があるかが心配になっちゃいますが、しっかりと用意してくれているから安心。

 

車から降り、手前側の暖簾をくぐろうとしたら、そこはなんと生うどんのみの販売。

これは間違いやすいですな。

 

次に向かうは奥側の暖簾。それをくぐるとこんな店内が我々を迎えてくれました。

座席はカウンター席3席と6席のテーブル席が2卓。

隠れ家的なお店としてはこれで十分ですかね。

セルルサービスでお水を汲み、注文を入れます。

 

ざるうどん 肉汁 特盛り 940円

略して「特肉」。

 

注文を入れて待つこと10分。

来ましたよ!!

すごいボリュームです。さすがは特肉。

甘〜い香りがフワッと漂ってきていい感じです。

薬味をつけ汁に放り込み、うどんをつけ汁に浸していざすすり込みます。

 

ウンミャァ〜〜〜!!!!

 

ん?しかしちょっといつもの武蔵野うどんとはどこか違うぞ。

麺が柔らかい…。

少し水っぽい感じがする柔らかめの麺。

武蔵野うどんの醍醐味が半減だけど、不味いものではありません。

たぶん、子供と一緒に行ったので、気を遣ってくれて柔らかめに茹でてくれたんだと思いました。

 

つけ汁は武蔵野うどん特有の真っ黒で酸っぱめのつけ汁。しかし豚バラの甘みがつけ汁に溶け出し、酸味を削ぎ取ってくれます。

コクがあって深みがあってホント美味いですね。

麺ともよく絡んで食べ応え抜群です。

 

武蔵野うどんを提供してくれるお店もどんどん減り続け、限られてきてるのが寂しいです。

しかし「こせがわ」には、安定感ある優しい味わいの武蔵野うどんをいつまでも提供してくれるお店として、今と変わらずひっそりと隠れ家的に存在してくれることを望みます。

 

武蔵野うどんよ、永遠なれ!!

美味かったんでまた行きます。

店名:こせがわ

住所:東村山市諏訪町2-33-6

電話:042-391-3440

営業時間:11時から14時

定休日:日曜日、毎月最終月曜日

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


人気ブログランキングへ