イオンモール東久留米に入ってる『中華そば 青葉』でつけ麺を食べてきました。

 

こんばんは。

へっぽこフリーライターの中村イオラです。

 

今日は野暮用でイオンモール東久留米に行ってたんです。

どうせならここで昼飯も済ませてしまえ、とここに入っている『中華ぞば 青葉』に立ち寄りました。

 

『中華そば 青葉 イオンモール東久留米店』

img_1274

注文したのはこちら。

特製中華つけ麺大盛り 1,050円

img_1275

すごいボリュームでしょ??

ホントものすごい量でしたよ。最後は苦しくてギブ寸前でしたもん。

量には概ね満足でした。

 

味はなんとなしに青葉のそれとわかるもの。そりゃそうか。青葉だもんね。。。

入ってる具は玉子やチャーシューやネギにナルト。

青葉のものと遜色ないものなんだろうけど、何かが物足りない。

そうなんです、何かが物足りないんです。

 

う〜ん、なんだろ??

 

やはりどこかで、「イオンモールに入ってる店舗」、という感じがしてしまい、少し淡白な味わいだったように思いました。

どうしても店を増やすと、味のディテールの再現がうまくいかず、淡白になりがちになるのは仕方がないことなのでしょうかね。

もし自分が有名ラーメン店の社長なら、それが出来ないのであれば、店舗は増やす方向性を打ち出さないと思うんですよね。中途半端なものを提供するぐらいなら、やめておきますよ。悪評を振りまくだけになってしまいますしね。

その中途半端さ、多分イオンモールの店内で仕込みが出来てないからなのではないか?と思ってるんです。

スープだって、大きな寸胴で何時間も掛けて作ってないんだと思うんですよね。あくまで憶測ですけど。でもそれが本当なら、(゚д゚)ウマーなラーメンは期待できないのもいた仕方ないものと諦めざるをえない。

なのでイオンモールでは、青葉のラーメンがなんとなく食べられる、という喜びが浸れる場所として割り切るのも必要なのかなぁ、と実感しました。

「イオンで青葉を覚えたら、もっともっとうまい本物の青葉のラーメンを食べるために中野本店に行こう。」

という戦略を立ててイオンに出店しているのであれば、それはそれであっぱれですけどね。

 

最後にラヲタの独り言。

やはりラーメンはラーメン専門店で食べないとダメですな。

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼

ブロトピ:今日のブログ更新


人気ブログランキングへ